山梨中央銀行の有効活用

山梨中央銀行の納税準備預金


金融機関で最もよく利用される口座は普通預金口座ですが、ほかにも便利な預金商品があることが意外と知られていません。たとえば貯蓄預金、当座預金、納税準備預金などの商品です。これらは公共料金の口座振替など普段使いの口座には適しませんが、特定の目的で利用する際は非常に便利です。しかし金融機関によってはあまり扱っていない場合もあり、山梨中央銀行でも通知預金や貯蓄預金、仕組預金は取扱いをおこなっていません。

山梨中央銀行で利用できる納税準備預金は納税用の資金を預けておける口座です。該当する税金の種類は多く、国税はもちろん自動車税、や固定資産税市県民税などの地方税の納付にも利用できます。税金の納付方法は複数あり、金融機関や郵便局での窓口納付、税務署での納付、コンビニでの納付などがあります。しかしこれらの方法だと納付のために所定の場所に出向く必要があるため、口座振替での納付が簡単です。

山梨中央銀行の納税準備預金を利用すると、租税納付に備えることができます。具体的には預けた資金の利息が非課税になるというメリットがあり、非常にお得な商品でもあります。しかし適用金利については銀行側に問い合わせる必要があるため、どれくらいの利息がつくのか現状では分からないという不明瞭さがあります。さらに万が一納税以外の目的で資金を引き出した場合、ちゃんと源泉分離課税がつくので注意しましょう。

このように納税目的でしか利用できない利用範囲の狭い口座ですが、納税額が多い人などはたくさん資金を入れておけば、その分の利息が全て非課税になるためかなり便利です。ちなみに資金を引き出す際は、租税納付目的であることを示す納付書などの書類提出する必要があるため、やはりこちらも口座振替のほうが面倒が少ないでしょう。