みなと銀行を使いこなす

みなと銀行の資産活用ローン


少子高齢化が進んだ現在、持ち家など一定の資産を持ちながらも金銭に困っている中高齢者が多くいます。そこで便利なのが、不動産担保と引き換えにまとまった資金を借り入れることができる資産活用ローンです。所有不動産を担保にできるローンにはリバースモーゲージがありますが、利用者の死後に一括返済しなければいけないため所有不動産を手放すリスクがあります。みなと銀行の資産活用ローンなら、存命中に毎月返済するため完済することで所有不動産を手放さずにすみます。

みなと銀行の一般型多目的ローンは、所有不動産を担保にすることで最大3000万円の資金を借り入れることができる資産活用ローンです。資金使途は自由ですが明確に資金使途を確認できる必要があるため、医療や娯楽など事前に資金使途を決めておきましょう。資金使途が自由という点はフリーローンと同じですが、こちらのほうが借入金額が多いというメリットがあります。しかし利用手数料がかかるので、コストが多い点にも注意しましょう。

不動産投資に使える投資用型多目的ローンもオススメです。たとえば借入金額を元手にマンションの1戸を購入して、賃料収入を得るという使い方ができます。投資用不動産物件を紹介するサイトを使えば、エリア別の物件価格や表面利回りが確認できます。賃料の2割ほどが税金や管理費、修繕積立金などで差し引かれますが、それでも充分に生活費の足しになります。投資用型多目的ローンの借入金額を返済期間内に完済することもできるでしょう。

このように便利な一方、資産活用ローンは所有不動産を担保にすることから他の個人向け金融サービスと比べてもハイリスクな商品です。契約の前にみなと銀行の店舗窓口で商品内容全般を確認しましょう。とくに重要な確認事項は金利や融資条件、審査、担保物件の取扱いです。不動産投資を行う予定なら、投資に関する説明も受けておくとよいでしょう。