道民も大好き北海道銀行

北海道銀行で働きたい


北海道内に本店のある銀行は2つしかないので、地元中心に金融業界で働きたいとすると、必然的に北海道銀行か北洋銀行を希望することになります。とはいえ銀行業界は大企業と取引しているメガバンクでもない限り、どこも融資で利益を出すことが難しくなっています。

そのため手数料やローン金利による収益の割合を増やして利益を出そうとしたり、少ない行員で高い成績を出す少数精鋭体制をとったりして、業界全体の負担は広がりつつある状態です。

地方銀行・第二地方銀行の場合は地元に残って働きたい、という人が少なくありませんが、総合職を希望してしまうと北海道以外の支店勤務になる可能性もあります。北海道銀行は地方銀行にしては規模も大きいほうで、各地に支店を置き、しかも北海道は土地が広いため希望するエリアに留まるのは難しいのです。

しかし北海道内の企業の中では給与水準も高いほうなので、経済的にみると就職先としては悪くありません。とくに総合職であっても主任など一定のポストになれば給与が跳ね上がる傾向にあります。

就職で有利に働き、なおかつ就職後も使える資格は、基本的に簿記や宅建、FPなどです。入行後に取得することもできますが、入行すると一定期間は研修で忙しくなるので、事前に取っておくのもいいことです。しかし事前に資格を取ると、いざ資格を活かして働こうというときに内容を忘れている、なんてことがよくあります。

そのためあくまでもしっかりと知識・スキルを身に着け、その確認として資格を取るという心構えが重要です。金融機関は主に2回から3回の面接をおこなうところが多く、その際にしっかりとスキルが身についていることをアピールすると好印象を与えることができます。